お気軽にお問合せください

【特集!】美と健康のコラム
2020年02月09日

感情でモノを言う人は、所詮何も出来ない

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

コミュニケーション力がいかに大切であるか?

誰かは分かってくれていると思う事自体あり得ない事であり、

コミュニケーション力が全てのスキルの元である。

グループ活動を通して経験や学びが出来ない人は、

はっきり言ってコミュニケーション力が欠落していると断言出来ます。

ここで出来ないのに実生活で出来るはずがない。

言いたいことを文章にまとめられないと言うことは、

頭の中が空っぽとも断言出来る訳です。

コミュニケーション力の欠落が自分を追い込んでいくことになり、

周りとの関係性も希薄になり、結局言いたいことも言えないまま追いやられて行くのです。

だからと言って何でも言えば良いか?となるとそれはそれで公害ですね。

言うべきことを明確にするとは、文章にまとめると言うことであり、

そこに表現力が付くから、直接喋っても抑揚が付いてくる。

感情でモノを言う人は、所詮何も出来ない人であり、全ては全体を俯瞰した客観性が支配する。

想いと感情は違います。感情は所詮利己であり、感動とも異なります。

魂が震える生きかたは、素晴らしいことであり、

多くの良き仲間に囲まれて助け合い共存共栄出来るのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© the land of cana-an , 2020 All Rights Reserved.