お気軽にお問合せください

【特集!】美と健康のコラム
2020年01月03日

人は見た目で判断する

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

見た目で人は判断します。それがほとんどの場合当てはまる。

故に、それを利用してこのように思われたいと言うイメージを作り出し

見た目を合わせると言うやり方もある。

真面目なタイプ、少し遊び心があるタイプなど周りから見ての印象が普通であるなら、

それを覆す服装など心掛けるべきだと言うことです。

いつも同じイメージでは、何も始まりません!

特に初対面の時にはそのような意識が必要です。

第1印象はなかなか有効な手法ですね。その為には笑顔が大切です。

問題は意識した笑顔はお粗末であり、常日頃から自然な笑顔を出せる訓練が必要ですね。

また服装の色にも気を配る必要があり、

アメリカ国旗の白は清潔で上品、永遠のイメージ。

紺色は冷静さや賢さ、男らしさ。

赤は言うまでもなくネクタイなどに使いますが、情熱ですね。

また、緑は安定と調和、黄色は希望と光、紫は高貴と欲求不満など色彩もとても大切な戦術です。

だから、逆に自分自身を振るわせる為に赤を着てみるのも必要ですよ。

赤いネクタイ、赤いメガネはそんな時に有効ですね。

逆に黒は唯一無二の象徴とでも言いますか!

故に、プレゼンの時など、スーツの色は拘れと話があり、強く押し切るなら黒だ。

相手に知性を見せつけながらぶっちぎるには青だな。

相手から情報を聞き出したいなら黄色を使えば良いとの話でした。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© the land of cana-an , 2020 All Rights Reserved.