お気軽にお問合せください

【特集!】美と健康のコラム
2019年12月08日

5W1Hは横並びではない

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

5W1Hとありますが、これが横並びではない事を頭に置いて下さい。

目的や目標をするにあたり、どうしたら良いのか?

つまり、なぜ今までのやり方では行けないのか?そこにWHYが来ます。

そのWHYを導く為に、これまでのものでいいでしょ?が

なぜこのやり方なの?でWHATになり、私じゃなくても良いでしょ!が

なぜ私なの?WHOになり、

あとでいいでしょ!がなぜ今なの?WHENになる。

つまりWHAT.WHO.WHENは何故?WHYの元になる。

あとはどのように?のHOWが来る。

つまり5W I HはWHYとHOWが大切である事を認識してもらいたい。

①今まで通りや他の選択肢でなくて、何故これが重要なのか?

② これが重要なのは分かったけれど、何故自分に必要なのか?

③必要性は分かったけれど、何故今なのか?

④重要性、必要性、優先性は分かったけれど、どうやれば良いのか?

つまり本来3W1 Hとなる訳で、重要性を相手に取り必要性を説き、

そして相手に優先性つまり緊急性を促して、

例えば叶夢塾の存在をアピールする。

これらの重要性、必要性、優先性が本来人とのコミュニケーションに取り大切なんです。

従って生産性を上げる為には、これらの順番に文章を並べる。

つまり、塾に来るべき人達へのアプローチを

この順番でするのが方法論として有効だと言うことです。

つまりユダヤ式の思考です。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© the land of cana-an , 2019 All Rights Reserved.