お気軽にお問合せください

【特集!】美と健康のコラム
2019年03月17日

逃げる?助かるための選択をする?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

何か煮詰まった時、どのように気分転換されていますか?

心配事や困った事で悩んでいる時、どうしますか?

悩むは脳の中でも顕在意識の脳です。

人間悩んでいるうちが良いんです、脳は貴方に指示してます。

余計な事はせずに悩んでなさい!」それが生命維持の基本です。

この場から助かるには? と言うのとは違います。

この場から助かるには? は選択理論です。

これはまた違う脳の働きで、実は選択理論も顕在的な意識と経験からくるものが多いのです。

悩んでいる時、顕在的な脳は喜んでいます。

ですから、本当の意味でその悩みを新たな方法で解決するには、顕在的な脳に刺激を与える必要があります。

つまり、気分転換は、それらのことに対して無責任にもう関係ないやと脳に命題を送り、全くそのことを忘れて違う事を体感して脳に刺激を与えるのです。

人は悩み事を引きずったまま気分転換しますが、新しい脳を手に入れたい人は、思い切ってそれらを捨て去りましょう。

そして違う環境なりで気分転換を図る。

つまり忘れる。

そうすると顕在脳は、面白くないとばかりになり顕在脳は違うことを考えます。

気分転換とはそう言う事です。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© the land of cana-an , 2019 All Rights Reserved.